女の子も男の子にも使える産着とは

   

赤ちゃんが生まれてくる時に必要なものとして準備しなければならないのがベビー服です。ベビー服は男の子も女の子も小さくてかわいいものがたくさんありどれが良いのか迷ってしまいます。性別はすでに分かっている方も知らないで赤ちゃんを迎える方、毎回エコーではっきりわからない方まで様々です。性別が確定するまでは、女の子でも男の子でも大丈夫なタイプの産着を用意しておくとよいです。産着は赤ちゃんが似合うカラーの白をはじめ淡いカラーと赤ちゃんらしいひよこや木馬柄などシンプルなものがほとんどですので男女差がほとんどなく着ることができるでしょう。入院中は産院で準備してくれるところもありますが、退院後は必ず必要になってくるものになりますので早めに用意しておくとよいでしょう。

女の子も男の子も肌に合った産着を選びましょう

男女ともに必要なのがベビー服ですが、生まれてからすぐに身につけるものだからこそ安心な素材を選ぶようにします。特に新生児用のベビー服はほとんどのものが綿素材で作られています。タグが肌に直接当たらないものですと敏感な肌を持っている新生児にとって安心できるものです。外国製の物は、タグが内側についているものも多いので、できればカットして着せるようにしましょう。新生児の1か月を超えると赤ちゃんは汗をかきやすくなります。汗を十分に吸ってくれるのが綿素材で、あせもなどの肌トラブルを防ぐことにつながります。冬場は厚手の肌着も売っていますが、基本的には肌着は季節を問わずに使えるフライス素材などがお勧めです。夏場は肌着だけで過ごすこともできますので赤ちゃんのために考慮された商品を選びましょう。

赤ちゃんのための肌着の選び方とは

肌着を選ぶときにはデザインで選びがちですが、この時期の赤ちゃんはかなり着替えをすることになります。汗やミルクの吐き戻しなど色々な理由で一日に何回も肌着を取り換えることになるでしょう。肌着はお着替えをする前提で何枚も持っていると安心です。赤ちゃんの肌着は薄いうえ、小さいので洗濯をしてもすぐに乾くのですが、1日に何枚も汚すことがあるため、2枚や3枚だけですと足りないこともあります。スムーズに着替えさせることができるように、紐やスナップボタンなどがわかりやすくなっている物や、マジックテープタイプのものも人気があります。湯冷めなどしないように素早く赤ちゃんのお世話ができるアイテムは便利です。パパがおむつ替えの担当というご家庭もあるので、わかりやすい肌着を選ぶとよいでしょう。

ピックアップ記事

産着のレンタルはリーズナブルな価格なのが特徴です。

赤ちゃんが誕生したら、生後一か月前後にお子様を災厄から守り、健康や長寿を祈願するためにお宮参りに行こうと考える方は少なくありません。産着はお宮参りの時に赤ちゃんが着用する着物ですが、購入すると価格が高...

女の子も男の子にも使える産着とは

赤ちゃんが生まれてくる時に必要なものとして準備しなければならないのがベビー服です。ベビー服は男の子も女の子も小さくてかわいいものがたくさんありどれが良いのか迷ってしまいます。性別はすでに分かっている方...

赤ちゃんの産着の由来と色について

赤ちゃんが誕生し、多くの家庭で行われる行事にお宮参りがあります。これは無事に生まれたことを神様に報告し、健やかな成長を祈って行われる日本伝統の行事です。医療技術が乏しかった昔は生後間もなく亡くなってし...

産着をレンタルする時に注意する事

赤ちゃんが誕生すると、お世話だけでも慌ただしい毎日を送る事になりますが、あまりのんびりもしていられません。赤ちゃんの健やかな成長を願う意味も込めてお宮参りもしなくてはなりませんので、家族や祖父母などの...


必要なこと